2009年03月27日

逆張りについて

株のうねり取りで逆張りというのがあります。
どうもそれ自体が間違いかも!?という噂もあります。


うねり取りは本当は順張りだとか。
なるほど、そうかもしれませんね。
もう少し色々な本を深く読み、勉強する必要はありますね。


しかし気になることもありました。
去年は半分以上は逆張りで勝ったんですね。
ということは効果もあるのか!?


まぁ逆に逆張りで爆死しているのも見ていますが・・・。


そこで今現在の自分の考え。
平均値を有利にするっていうのうは有りな気もします。
買い上がっていくのは平均値は不利になっているような気がしますし。
それすらも考慮して買っている人は凄いですが。


ただ怖いのが「勝率はかなり高い」が「爆死する時は半端ない」ということ。
たしかに平均値を下げていくから勝ちやすいですよね。
どっかで反転すれば勝ちですから。


ただし、損切りがどこでしていいかわからない。
何故ならずっと買い下がっていけば平均値はどんどん有利になるからです。
だからやめられない。


そこで考えたのが「分割手仕舞い」です。
どいうことかといいますと、ある一定の金額を超えた場合はその1000株は損切りするということ。



例えば買いで入って500円で買ったとします。
そのまんま10円刻みで400円まで買い下がったとします。



500円で1000株
490円で1000株



400円で1000株


で、例えば「損切りすると決めていた金額が100円幅」なら400円になった時点で最初の500円で買った1000株だけ手仕舞い。
これでどうかな〜??
幅はどれくらいかはその銘柄や資金によると思いますが。


これでどんどん損切りしていけばいいのかな〜???
それでリスクは多少は軽減されるような気もします(素人考え)


それとは別にもうひとつ。
買っていく額です。


今までは10円幅とかではなく、いけそうな時に3手以上下げたら買いなどとしていました。
これをさらに慎重に買い進めます。



例えば前回買った金額よりもわずか2円しか下げなかった場合は無理して買わないとか。
だから成り行きでの売買にもこだわらなくてもいいかもしれませんね。


今までは500買い 498買い 497買い 495買い(ここまで小さな下げながら買っていた)
で、いきなり爆下げ460で平均値がそんなに下がらずに爆死!していた。


それを500買い 498無視 497無視 495無視 460買い(かなり下げたので買い)みたいな。
かなり余裕をもって売買するようにしてみます。


この方法は昔「勝率100%で勝っている」と言った人がいました。
嘘くさいな〜と思っていましたが今思えばこういったやり方だったんですね。
その方は10%刻みで買っていたとか。




で、さらにもう1つ。
これは前からやっていたんですが、その銘柄のクセをよくみて「ある程度」いったところで売買開始すること。


日通で言うと「100円以上の上げ下げはあまりない」ということ。
ということは80円くらい下げたところで買い始めれば比較的安全なんかな〜っと。


今回で言うと一番下から40円ほど上がったところで空売りで入りました。
理由は「実際は100円幅はそうそうなくて、最近では5〜80円幅で下げに入る」ことが多かったから。


だから今回は40円ほど上がったところで空売りです。
今回は360円程度が一番下から100円上げなんでそこらへんで止まればいいなとw


まぁ最近は上げに転換したのか!?って位上げまくってますがw
それもあるんで早めに手仕舞いする予定です。


まぁ所詮は初心者が言っている戯言ですw
みなさんは真似しないように^^
posted by mail at 00:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは

余計なお世話かもしれませんが私の考えを書いてみます。

ナンピンで勝率が上がるのは当然です。
私などかって30連勝とかもしたことありますから。
けど実はナンピンというのは問題を先送りしているだけです。
日本の財政問題と同じです。ず〜とごまかしてきてみんなもう感覚がおかしくなってますが、どこかで破綻するんです。

あとこれは薄々感じていると思いますが、逆張りナンピンほど快適なトレードはないです。
本には逆張りは恐いみたいに書いてありますが、私は順張りはずっと恐いですが、逆張りを恐いだなんて思ったことは一度もありません。
なぜなら逆張りは値ごろ感による売買だからです。日常感覚に非常にマッチします。

私は平均値を有利にしたり分割売買をしたりすること自体に優位性は全くないと思います。
「当て物売買=分割をしない売買」ではなくて
「当て物売買=優位性のない売買」だと考えます。

ですから単発売買がダメなんてことはありません。
ナンピン逆張りで最後まで勝ち続けられた人を聞いたことがありません。
トップトレーダーにそんな人は一人もいません。
ナンピン逆張りが必勝法ならみんな相場で勝てます。

とまあ好き勝手なことを書いてしまいましたが、私はこのやり方はどこかで破綻すると確信しています。悪いところはヘタをすると数年連続で勝ち続けるということもありうるところです。
一度へんな癖がついたら直すのはかなり大変だと思います。

とりあえず言えることは破綻の時がきたときにそれを環境のせいにしないで、そこから立ち直れるかが大切だと思います。

まあ私は株初心者さんの素晴らしい戦績をねたんでいるだけの人かもしれませんので、あまり真にうけなくても結構です。

けどやっぱりこのやり方はおかしいと思う・・
Posted by ビットウィーン at 2009年03月27日 22:27
レスです。
コメントありがとうございました^^

株についてはビットウィーンさんにあれこれいうつもりはありません。
何故ならそこまで言える知識がないからです。

きっと正しいことを言われているんだと思います。


それでも自分の目と経験でやらなきゃ納得ができないんです。
だからこのまんまやります^^

といいながら順張りもやっていますんで、日々修行というか自分の型を作っているところだと思っています。

いつも長文でのコメントに愛を感じます^^
Posted by 株初心者 at 2009年03月28日 00:24
>>逆張りを恐いだなんて思ったことは一度もありません。
なぜなら逆張りは値ごろ感による売買だからです。日常感覚に非常にマッチします。

私は激しく怖いと思っていました。戻らなかったらどうしよう、、、。と言った感じです。マイナスであることにストレスを感じました。
まあ、これはデイトレ畑出身だからかもしれません。デイトレはほとんど順張りですから。
なので、このあたりは個人の感覚じゃあないでしょうか。

分割売買の場合、意図した価格付近での平均値有利の一つの方法、という意味では有効だと思います。当然、単発売買時の損きりラインは動かさない条件で。(手数料負けしない資金量、というのも条件で)
デイなら、値動きはティックで動くので窓が開くことはありませんが、日足では窓が普通に開くので、このあたりを埋めるのに使えます。
個人的には
どちらかといえばうねり取りはエリオットやギャンの流れを組む手法のようですし。
Posted by ^^; at 2009年03月30日 11:33
レスです。
はじめまして、^^;さん


なんだか株に詳しい方のようですね。
うちは書いてあることの半分くらいしかわかりません^^;;

だからキチンとしてレスを返せずにすいません。
でもコメントありがとうございます^^
Posted by 株初心者 at 2009年04月01日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。