2009年01月04日

うねり取り入門より〜底から天井までの上げ幅「三分の一」取れれば十分

底から天井までの上げ幅「三分の一」取れれば十分、と林さんの「うねり取り入門」という本に書いてありました。
今はこちらの本を読見直しているところです。


うねり取り入門
著者: 林輝太郎
出版社: 同友館
サイズ: 単行本
ページ数: 319p
発行年月: 1998年07月



このうねり取り入門にはうねり取りに必要な道具や初心者の失敗するようなこと、3カ月周期についてなどなど、色々と参考になることが書かれています。



今までは全然わからなかったことも、最近では理解できることも増えてきています。
例えば底から天井までの上げ幅「三分の一」取れれば十分という言葉。
これは最初は理解できずに全部取りたいな〜と思うほど心に余裕がなかってですもんね。



だから半年〜1年に1回は読み直すようにしています。



の師匠からも教えていただいた1冊になります。
もちろん名前の通りうねり取り入門の本です(それでも難しいけど)
一番分かりやすいのはあなたも株のプロになれる

ですが、林さんの本は99%どっかで読むことになるので、最初に読むならこの本になるかと思います。



この底から天井までの上げ幅「三分の一」取れれば十分という言葉。
本当はこれについて書こうと思っていましたが、長くなってしまったので次回!

2008年11月23日

うねり取りでオススメな本・あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録・立花 義正





今日お勧めするのがこちらの
あなたも株のプロになれる
―成功した男の驚くべき売買記録 (単行本)
立花 義正 (著)

です。



かなり役に立ちました。
株の師匠に教わって勧められた本でもあります。



何度も株でひどい目にあいながらも財産を稼いだ方です。
片足を失ったり、借金したりと波瀾万丈の人生です。



こういった失敗をするところが親近感がわくというか、自分を置き換えて勉強になります。
あ〜、誰でも失敗して大変な目にあっているんだな〜と思いました。



売買譜も書いてあるので参考になりますよ。
初心者にお勧めする一冊です。





あなたも株のプロになれる

2008年10月05日

うねり取りでオススメな本・プロが教える株式投資: 板垣 浩

個人的に読んでて面白かったのが
「プロが教える株式投資: 板垣 浩」でした。
株の師匠から数冊ススメられた本の中の一冊でしたね。


確か最初に林さんの本

立花さんの本

図書館で借りた板垣さんの本、

の順番で読んだような気がします。
他の方の本は後日書きますね。


完全に「うねり取り初心者」だった私。
最初に林さんの本を読みましたが???といった感じ。
とにかく初心者には難しい。
いまだに半分程度しか理解できていないと思います^^;


プロから言わせるとどうか分かりませんが、初心者的には、
板垣さん=立花さん→林さんの順番で読むといいかと思います。


板垣さんと立花さんの本は両方面白かったです。
話の内容も面白いし、いろいろ物語仕立てのご自分の話もあったり。
「うんうん、こんな失敗はするよね〜」的な共感もあったり。
「あわわわ・・・こんな死にそうになることも・・・」とか。


うねり取りのやり方も詳しく書いてあります。


板垣さんの本は図書館で読んで現在は手元にありません。
が、やっぱり手元に置いておきたい本だと思うので今度買います。
それくらい優れた本だと思いますよ。


ちなみに立花さんの本は買ってすでに3回読みました。
現在はうちの実力も少しは上がり、林さんの本が理解できるか?と読み直しもしています。
やはりこちらは難しいですw


とりあえず私の一番のオススメはコチラです!

自立のためにプロが教える株式投資






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。